八尾ヤミ金事件の組織

八尾ヤミ金事件の組織

  • 組織にはセンターと呼ばれる中核組織があり、融資部門と回収部門に分かれていました。
  • センターの配下に7つの小グループがあり、東京や沖縄などに拠点を移しながら活動していました。
  • 組織が使用していた振込み用の口座はすべて他人名義で約180口座ありました。
  • 7グループの営業成績や顧客情報はすべてコンピューターで一元管理されていました。
  • 携帯電話だけを使う090金融と呼ばれる手口を使っていました。
  • 幹部クラスの月給は数100万円で、運転手付きの高級外車に乗っていました。
  • メンバーの大半を求人広告で募集して月給20万円で雇っていました。
  • 組織全体で6年間で54億円の利益をあげていました。

 

お金を借りるなら正規の消費者金融で

お金は借りないにこしたことは無いのですが、どうしても必要な場合は有名な消費者金融でお金を借りましょう。
銀行系のところがいいです。

 

 

八尾ヤミ金事件の組織八尾ヤミ金事件:融資犯罪のトップページに戻る